お部屋の乾燥対策について

お部屋の乾燥対策について

お部屋の乾燥対策について header image 2

洗濯物を部屋干ししてみる

2014年01月20日 · コメント(0) · 未分類

冬になるとただでさえ空気が乾きがちですが、エアコンやストーブを炊くことで更に室内の水分は奪われ湿度が低くなります。こういった乾ききった室内に長時間居ると、お肌はカサカサになり美容にもよくないです。乾いたお肌はニキビなどの炎症を起こしやすいのでさまざまな肌トラブルに繋がる場合があります。また乾いた環境は風邪などのウィルスにとって住みやすい環境なので、空気中のウィルスを増殖してしまいます。これが冬に風邪が流行る原因の一つとなっています。ジメジメ湿度が高すぎるのも不快ですが、このように湿度が低すぎるのは健康上多くの危険をはらんでしまいます。そこで適度な湿度を保つ工夫が必要になってきます。簡単な方法として洗濯物を室内に干すのはお勧めです。生活していれば必ず汚れた衣服が出るわけで、必然、洗濯をします。濡れた衣服やタオルなどを外に干す代わりに、室内に干すだけです。冬の寒空の下に干すとなかなか乾かなかったりしますが、意外にも乾ききった部屋干しのほうが乾きが早い場合もあります。限られた室内のスペースを利用するので場所的な制約もありますが、エアコンなどを使用する場合はエアコンの風の吹き出し口の下に置くとより効果的です。エアコンから出る乾いた風を濡れた衣類の水分で潤しつつ、部屋全体に循環させることができます。部屋干しすることで、洗った衣類も早く乾くし室内の湿度を調整できるのですから、まさに一石二鳥です。

タグ :