お部屋の乾燥対策について

お部屋の乾燥対策について

お部屋の乾燥対策について header image 2

お湯を沸かしてみる

2014年01月20日 · コメント(0) · 未分類

肌がカサカサするとき、服があたるとかゆいと感じるときは、部屋の湿度が低い事が原因かもしれません。
そんなときはお湯を沸かすと、湿度が上がって肌に潤いを与える事ができます。
冬場だったら一番簡単な方法は、石油ストーブの上に、水を入れたヤカンや鍋を置いておく事がオススメです。
そうすれば蒸気で部屋も暖まり、湿度が上がるので良いでしょう。また、暖かい飲み物をいつでも飲むことが出来て一石二鳥です。
また料理をする時に野菜を茹でたり、お味噌汁を作る時など、フタをとった時にブワッと蒸気が立ち上がります。
そのときに、上から覗き込むように顔を近づけると沸かすときの蒸気が顔にかかるので、とても肌が潤います。
料理のついでに顔のお手入れも出来て、こちらも一石二鳥です。
冬場はエアコンやヒーターなどをつけているだけで、どんどん部屋の湿度が下がります。
そうすると風邪も引きやすくなり、肌状態も悪くなるので、出来れば湿度計をつけて部屋の湿度を常にチェックする事が必要です。
湿度が下がった時は、湿度60%くらいになるのを目安にして、ヤカンやなべなどで沸かすように心がけましょう。
そうすれば、冬でもピチピチの潤いのある美肌をキープすることが出来るでしょう。

タグ :